2020年ありがとうございました

OOPartsを今年4月にリリースしてから8ヶ月が過ぎ、2020年ももう終わろうとしています。

思い返してみれば4月は3日間無料キャンペーンをやったり、期間限定で月1000円でサービスを提供してみたり、と様々なチャレンジをしてきました。

運営人数が少ないため、リリース後皆さまの期待通りのスピードで改善していくことはできなかったと認識しています。ですが今月から運営陣全員で再スタートを切り、改めて大きくOOPartsを前進させようと奮闘中です!

そんな中でもOOPartsに登録してくださっている皆さまには心から感謝しており、とても嬉しい限りでございます。

そして、2021年はもっと全力でサービスを盛り上げていこうと思います。実際、運営メンバーとお金の両方が潤沢にある状況ではないのですが、持ち得るパワーを全て出し切っていこうと思いますので、応援していただけると幸いです。

そんなOOPartsですが、せっかくなので2020年にどのくらいプレイされたかのランキングやデバイス比率、OOPartsの歴史を振り返っていこうと思います。

OOPartsのこれまで

OOPartsは関係者のみのクローズドアルファ版を2019年の8月、登録制のベータ版を2019年11月にリリースしたのち、2020年の4月にリリースされました。

「過去のPCでしか動かないゲームをスマホでもプレイできる。」「クラウドゲーミングというまだまだ成熟しきっていない技術の最新領域に対し、美少女ゲームで戦いに挑む。」そんなサービスがOOPartsであり、運営陣を含め、大きな夢をもってリリースしました。

そして、アルファ版とベータ版では数本しかプレイできなかったタイトルが、正式版の時点では100本以上を追加して公開しています。タイトルを提供してくださったメーカーさんには大変感謝しております。

また、OOPartsに使用されている技術は他のサービスと比べてもかなり特殊であり、今後のゲーム業界におけるデファクトスタンダートの技術になりうるポテンシャルを秘めています。実際に日本最大級のゲームカンファレンスである「CEDEC 2020」にも登壇し大きな反響を呼びました。

これからも業界の最先端を突っ走って、美少女ゲーム業界と技術の両方を盛り上げていこうと思っていますので、みなさん応援のほどよろしくお願いいたします。

データで見るOOParts

スタートから8ヶ月が経過したOOPartsですが、ここでいろいろなデータを見てみようと思います。

もっともプレイされたタイトルは…?

200本近く掲載されているタイトルのうち、OOPartsにて最もプレイされたタイトルは…

『戦国ランス』でした!!!

スタートからのべ5000時間以上がみなさまにプレイされました。さすがのランスシリーズですね…!アリスソフトさま、ありがとうございます!

PC・スマホどちらの方が多かった…?

PCでのプレイが40%、スマホが60%と、過半数以上の方がスマホからOOParsを遊んでいただいておりました!

これまではPCのみでしかプレイできなかった美少女ゲームを、スマホやタブレット、MacなどたくさんのデバイスでもプレイできるようにしていくこともOOPartsが目指している世界の一つなので、これからより一層どのデバイスでも同じ楽しさで遊べるように改善していきたいと思っています!

アクセスのあった国・地域は…?

このように、日本以外の国・地域からもたくさんのアクセスがありました。

現時点ではゲームプレイに関しては日本向けのサービス提供のみとなっておりますが、これからは海外の美少女ゲームファンの方々にも魅力と楽しさを発信・提供していきたいと思っています!

反響のあった追加作品は…?

OOPartsのリリース時に『キラ☆キラ』や『ランス』シリーズ、『グリザイアファントムトリガー』など多くの名作を掲載いただけましたが、リリース以降の追加作品で最も反響の多かった作品は…

『処女はお姉さまに恋してる』でした!

さすが、女装ゲーの金字塔!やっぱり色褪せない名作ですね。このような作品も2021年も掲載できるよう頑張ってまいります!

すでに結構大きなタイトルが控えているので、楽しみにしていてください!

来年への意気込み

来年はよりもっと多くの人にOOPartsを触っていただくこと。そして登録してくださったユーザーさんが十分に満足できるサービスにしていきます。

そのためにも運営陣全員で全力を出して開発及びタイトル追加、様々なイベント企画や運用をしていきますので、応援をしていただけるととても嬉しい限りでございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です